« SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. | Main | TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. IV_FINALE.Tema Russo. »

HIPPOPOTAMUS.

Hippo_logo

イポポタミュ・ステーキハウスチェーン

1995年の夏、訳あって合衆国のワシントン州シアトルとオレゴン州のポートランドに合計で10日間滞在したことがあります。町でよく目にする、というより両市いずれにおいても風景の一部になっているほど数多く存在しているコーヒー・スタンドがあり、何度もそこで喉を潤しました。このお店のメニュウはヴァラエティに富んでいて、どれもなかなかの品質でしたし、極めつけに優れた点は日本より逆輸入の「アイスコーヒー」が数多くの種類を取り揃えられていることでした。これは日本に上陸すると流行るだろうなぁ、と密かに思っていましたら、翌96年にはやくも上陸、3年もたたないで日本にチェーンを展開し大成功を収めました。そのお店の名前はSTARBUCKS COFFEE。

PARISの普通のレストランで一番安いのが「ステーキ」 
でも星の付いていないレストランやカフェのステーキなんてまずいですよ。いや、ステーキに限らず、どんなものを食べてもゲッソリすること請け合いです。日本のファミリーレストランが「ポール・ボキューズ」に思えてくるほど「食都」市井の外食事情には惨憺たるものがあり、これがミシュランの星一つでも付いているレストランともなると事情はガラッと変わり、まさに極楽のような美食にありつけるのが、フランスの不思議なところです。

そんななかにあって、私が愛してやまなかったのがHIPPOPOTAMUS「イポポタミュ」のステーキハウス・チェーン。 当時、PARIS市内に7店舗ほどありました。値段も安く、ステーキも及第点。土日も開いていますし夜中の2時までやっていますから演奏会(たいてい夜の9時に始まります)の終わった後でも食べられます。なにより良いのはサーヴィスのマニュアルがあるらしく、どのお店に行っても画一的ではあるんですが、高基準のサーヴィスが徹底していることで、これは実に画期的なことでした。

「そのうちHIPPOPOTAMUSは日本に進出してくるに違いない」と楽しみに待っているのですが、ウン十年たってもこれは実現しませんでした。 ま、もっとも、あのパリジェンヌによるフランクなサーヴィスを日本人のおネエちゃんがやっても、ちっともおもしろくないかな?

【追記】HIPPOPOTAMUSチェーンのHPをのぞいてみましたら、現在は有名なFLOチェーンの傘下にあり、やや高級版のHIPPOPOTAMUS CLUBも数店開店し、店舗数も爆発的に増え、いまやフランス全土とフランス語圏の海外まで展開しているようなので、うれしく思いました。

【追記2】現在のメニュウを子細に見てみますとHIPPOPOTAMUSチェーンはステーキハウスからは脱却し魚料理、寿司、KIDSメニュウまでも揃えた予算的にも一人4~5千円のファミリーレストランに変貌しています。さらに午後二時から七時の閉店時間がなくなり店舗・曜日によっては午前五時まで営業しています。

|

« SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. | Main | TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. IV_FINALE.Tema Russo. »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

よ~く電話がかかってきました。
「いまPARISにいるんですけど、今晩は何を食べたらよいでしょう?」
知るか!そんなもん!
「安くて美味しいレストランを教えてください」
高くてマズいレストランは星の数ほどあれ、美味しいレストランとなると安くはないんで、どうしても高いところになるんですな、残念ながら。

あんまり邪険にもできない人に聞かれた時はよくHIPPOを教えました。
メニューくらい暗記してますからオーダーを紙に書いて「これをマドモワゼル(ウェイトレスって今やPCなんでしょう?なんて呼び替えたらよいのですかね)に渡したら、ちゃ~んとオードヴル・ステーキ・デザートまで出てきます、そうだ、肉の焼き加減も書いといてあげましょう。」
と何枚もPRESCRIPTIONを書いた思い出があります。

日本でFLOが展開するCAFEに行って、従業員の物腰を観察してみるに
「ダメだ、こりゃ!」つくづくHIPPOが日本に来ないのは正解と思います。

でもねぇ、RIASさん、もしPARISに行くことがありましたら、HIPPOなんかには行かないで、少なくともひと月前には予約を入れて3つ星レストランを経験してください。あれこそが、なによりも経験すべきフランス最良の「文化」です。極上の時間が過ごせることを請け合います。
わたくしのオススメはTAILLEVENT(タイユヴァン)
それにくらべりゃルーヴル美術館なんてのは、ありゃありていに言って、鹿島茂教授の言葉では「貴族達の春画を集めた一大秘宝館」ですから。

Posted by: PINK MOZART. | Wednesday, 16 May 2007 23:38

> HIPPOPOTAMUSチェーンのHPをのぞいてみましたら・・・

アクセスして見ましたよ。
いやあ、カワユス・・・もとい、カワイイですね、ウェブデザインが!
これぞ「フレンチ」というヴィジュアルがよい!!
欧州の中でもとりわけ当地では今日、
日本のMANGAやアニメがもてはやされているようですが、
どうしてどうして、
なかなかのオリジナル文化を持ってるのに、
と思ってしまいます。

それにしても、いわれてみると、
仏系企業の日本出店って、あんまりないですね。
カルフールというのもありますが、
結局業績に伸び悩んで、
今ではイオングループ傘下。
このHIPPOPOTAMUSも、
素人目にはなかなか悪くないように思いますが、
実際に展開となると、
競合相手(国内ファミレス各社)が手ごわくて、
特に価格競争の面で難しいのかも知れませんね。

それはともかく、
HIPPOPOTAMUSの海外店舗で、
モスクワ店があるのには、
ちょっとビックリしました。

Posted by: Site Cafe Rias | Wednesday, 16 May 2007 21:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HIPPOPOTAMUS.:

« SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. | Main | TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. IV_FINALE.Tema Russo. »