« SATIE:PREMIER MENUET. | Main | SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. »

the Jargon for us.

Mendelssohn

メンコン、チャイコン、ドヴォコン

写真の人物は誰でしょう?答えは作曲家のメンデルスゾーン。一番有名な曲は、なんといっても「ヴァイオリン協奏曲」でしょう。この曲、この時代では珍しいのですが、楽章こそ3つに分かれていますが、楽章間が間奏でがつながっていますから、結果として一楽章形式になっている、なんとも小ジャレた造りの名曲です。で、われわれは決してこの曲のことを「メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲」なんては呼びません、これは「メンコン」と申します。メンコンのコンはコンチェルト(協奏曲)の略です。 あまり識られていないのですが、メンデルスゾーンはピアノ協奏曲も2曲書いてはいますが、メンコンというとヴァイオリン協奏曲のみを意味します。

中学の時、「音楽」の時間に三大ヴァイオリン協奏曲とは、ベートーヴェン・メンデルスゾーン・チャイコフスキーの協奏曲のことである。などと、とてつもない戯言を吹き込まれた憶えがあります。その三大のうちのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、これまた「チャイコン」と呼び、親しまれております。チャイコフスキーの場合「ピアノ協奏曲」の方も有名ですが、この、われわれが使う隠語は主にオーケストラ団員の略語ですから、「チャイコン」というと九割方、ヴァイオリン協奏曲のことです。

これらの省略法の元祖になったのが「ドヴォルザークのチェロ協奏曲」 これを略して「ドヴォコン」と、われわれの先祖が呼び慣わしたのが、そもそもの始まりです。もっとも「ドヴォコン」はチェロ協奏曲のみを指すわけではなく、会話のコンテキストによっては「ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲」を意味することもあり得ます。

ほかによく使われるのはシベリウスのヴァイオリン協奏曲「シベコン」かなぁ? まちがっても訳知り顔でベートヴェンやブラームスのヴァイオリン協奏曲を「ベトコン」とか「ブラコン」なんて呼んじゃだめですよ、そういう呼び方は絶対にいたしません。 
わたしが常々「おもしろいなぁ」と思っているのは、ブラームスの交響曲第一番・第二番を「ブラいち」「ブラに」という習慣がひろまってきたこと。すくなくとも昔の音楽学校やオーケストラでは使わない略語でした。これは、むしろ「トーシローさん」の愛称の逆輸入なのです。

|

« SATIE:PREMIER MENUET. | Main | SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. »

文化・芸術」カテゴリの記事

言語雑学」カテゴリの記事

Comments

Site Cafe Riasさん

今ではチャイコン、とかシベコンなんて口に出すだに恥ずかしいです。(ただしメールでは使います) 「2001年宇宙の旅」に使われた「美しき青きドナウ」 あれの仲間うちの略語は「青ダニ」です。日本語じゃドナウ河ですが、われわれが使うオーケストラ譜は旧東西ドイツ製が多いですから表記は「ダニューブ」なんですね。これなんかは今でも無意識に使いますし、ドヴォコン、メンコンはやはり便利なので修行時代以上に、この言葉に敬意をこめて使います、どちらも独奏楽器の特性を発揮させた旋律の名曲だと思います。

Posted by: PINK MOZART. | Thursday, 10 May 2007 01:11

> ベートヴェンやブラームスのヴァイオリン協奏曲を「ベトコン」とか「ブラコン」なんて・・・

でも、これは傑作ですね!
個人的には、そう呼びたいです。

Posted by: Site Cafe Rias | Thursday, 10 May 2007 00:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference the Jargon for us.:

« SATIE:PREMIER MENUET. | Main | SATIE:SONATINE BUREAUCRATIQUE. »