« DAWN.part1. | Main | RAVEL:I-PRELUDE. Le Tombeau de COUPERIN. »

RAVEL:II-FUGUE. Le Tombeau de COUPERIN.

モーリス・ラヴェル:「クープランの墓」よりフーガ

わたくしに和声学を教えてくださった末吉先生の口癖の一つが「フーガとは人類の生み出したもっとも知的な構造物である」というもので、先生がこの言葉を口にされるたびに、クラスが「大げさすぎる」と失笑につつまれました。 が、このラヴェルの精緻極まるクロノメーター・ムーヴメントのように組み立てられた「クープランの墓」のフーガを聴くたびに、その言葉が少したりとも誇張でないことに同意せざるを得ません。「ジャン・クリュッピ少尉の思い出」に献げられています。

  「fugue_tdc.mp3」をダウンロード
   Allegro moredato. e. 4/4.
     61bars. [duration 3:10] Edition:DURAND(9569)
 
     transcrit par PINK MOZART(2007)

|

« DAWN.part1. | Main | RAVEL:I-PRELUDE. Le Tombeau de COUPERIN. »

音楽」カテゴリの記事

RAVEL.Maurice,」カテゴリの記事

Comments

音がガチャガチャと分厚く蠢いているほど、解きほぐすのが「ややこしくて面倒」という一面はありますが、反対に、こちらもムキになって楽譜どおりに「以尺報尺」とゴチャゴチャとやり返せばよいので簡単に出来ます。 
しかし、こうも淡麗極まる原曲ですと、なんだか幼気ない少女に銃口を向けられているようなもので、まさか、撃ち返すわけにもゆかず、「おちついて、とにかく銃を下に置きなさい」と理詰めでゆく他はない気がします。
昨年、このフーガと対決したものの「これは敵わない」と、あっさりと降参し尻尾を巻いて退散したんですが、今年はトッカータ(これは、あんまりにも複雑な譜面なので昨年は白旗を揚げました)で思いっきりドンパチをやり尽くして「弾切れ」状態が幸いし、あらためて、心静かに、このフーガと向かい合うことができました。

Posted by: PINK MOZART. | Sunday, 24 June 2007 01:39

> 精緻極まるクロノメーター・ムーヴメントのように・・・

まさしく、いいえて妙。
それでいて、美しささえ湛えているような。
さらに、ベースの部分には、
本当はシンプルな原理が貫かれていて。
シンプルな美しさ・・・機械や造形だけでなく、
音楽もまた然りですね、やはり。

Posted by: Site Cafe Rias | Saturday, 23 June 2007 23:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference RAVEL:II-FUGUE. Le Tombeau de COUPERIN.:

« DAWN.part1. | Main | RAVEL:I-PRELUDE. Le Tombeau de COUPERIN. »