« oh my gosh! | Main | DVORAK:SERENADE in E. IV_LARGHETTO. »

DVORAK:SERENADE in E. V_FINALE,Allegro vivace.

雑誌「MUSIC ECHO 1972年5月号」に高名な音楽評論家、武川寛海氏、この方はたまたま「ゴダイゴ」リーダーの父君でもあられますが 「ドボルザークと機関車」という抄文で『DVORAKは幼いときから蒸気機関車に大変魅入られ「自分にこんな大発明ができたらこれまでに作曲した交響曲全部と取り替えても良いのだが・・・」がしかし、これほど愛した機関車を主題にした曲は実は一曲も書いていないのである。』と述べられていますが、わたくしは、この弦楽セレナーデ第5楽章は非常に良くできた「蒸気機関車力走の情景音楽」それも、あたかも空想上の超弩級ガラード機関車の描写としか思えません。汽笛は言うにおよばず、動輪の呻き、制動機の軋み、吐き出される水蒸気、鈍重な加減速まで精密に再現した音楽であると確信しています。

 
    Finale, Allegro vivace-Moderate-Presto.
    cis(fis)-E. 2/4. 392bars.
    [duration=6:05]
    transcrit par PINK MOZART(2007)

|
|

« oh my gosh! | Main | DVORAK:SERENADE in E. IV_LARGHETTO. »

DVORAK.Antonin,」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204560/15827552

Listed below are links to weblogs that reference DVORAK:SERENADE in E. V_FINALE,Allegro vivace.:

« oh my gosh! | Main | DVORAK:SERENADE in E. IV_LARGHETTO. »