« SATIE:III_Sur un casque. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. | Main | SATIE:I_Sur un vaisseau. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. »

SATIE:II_Sur une lanterne. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES.

エリック・サティ:自動記述より「ランタンについて」(1913)

    「automatique2_es.mp3」をダウンロード
        Lent.  [duration=2:22]
        SATIE:Œuvres pour piano.
        ONGAKU NO TOMO EDITION.
        transcrit par PINK MOZART(2007)
        d'après de MIDI par Kompf.

|

« SATIE:III_Sur un casque. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. | Main | SATIE:I_Sur un vaisseau. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. »

音楽」カテゴリの記事

SATIE.Erik,」カテゴリの記事

Comments

suimito96さん

はい、上声をヴィブラフォーン、下声をマリンバで表現してみました。

有名な仏暗黒文学に「北京の秋」という作品があります。
作者のボリス・ヴィアンはインタヴューに答え「北京とも秋にも関係がないので、そう名付けた」と答えています。そういう伝統のあるお国柄ですからサティの作品の題名、あるいは楽譜に書かれている詳細な「ト書き」にも、あまり惑わされずに奏者が”感じた”ままに演奏すればよいし、聴いたままの「イメージ」で「いィ~ん」です。

日本語題名は「あきらかな誤訳」か、よほど解りにくい場合を除いて旧来のものにしていますが:
このランタン=LANTERNEは街灯の意味です。フランス革命=嵐の時代に『貴族どもを街灯に吊せ!』という「囃し歌」と実際にパリ市内の多くのランタン=街路灯鉄柱が絞首台として使われた史実に基いて作られた曲です。

Posted by: PINK MOZART. | Saturday, 08 September 2007 11:40

PINK MOZARTさん、おはようございます!
朝からサティの音楽を聴かせてもらっています♪

「自動記述」というのは面白い曲名ですよね。

「ランタン」が1番気に入ったのですが、聴いていても 「兜」や「船」のように“名前通りのイメージ”が浮かんでこないです。 (「ランタン」という道具に馴染みが薄いからかも) 黙って窓の月を眺めているような感じといったらいいのか。。

それにしても、神秘的な音色(木琴ですか?)がなんとも涼しげです…♪

Posted by: sumito96 | Saturday, 08 September 2007 10:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SATIE:II_Sur une lanterne. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES.:

« SATIE:III_Sur un casque. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. | Main | SATIE:I_Sur un vaisseau. DESCRIPTIONS AUTOMATIQUES. »