« BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. VARIATION-I. | Main | SATIE:III_VALSE du CHOCOLAT aux AMANDES. MENUS PROPOS ENFANTINS. »

BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. THEME-CHORALE St.ANTONI.

Brahms_age19

ブラームス:「ハイドン変奏曲」 op.56a (1873)
主題:聖アントニーのコラール


BRAHMS:VARIATIONS. on a Theme of HAYDN,
[Variations on the St.Anthony Chorale]

 「theme.mp3」をダウンロード
  THEME:CHORALE St.ANTONI. Andante.
  B-dur.2/4.58bars.(29bars in notation)[duration=1:46]
  based upon Edition Eulenburg No.805
  transcrit par PINK MOZART(MMVII)
  total duration=19:03

■全楽章の再生・D/L⇒GALERIE PINK MOZART

名曲、ブラームス「ハイドン変奏曲」の「素」になったHAYDNのマニュスクリプトと考えられていたDIVERTIMENT No.6は後の考証で楽器用法がHAYDNとしては「ありえない編成」に拠ることから-HAYDN以外の作品であり-BRAHMSを魅了し、変奏曲の主題となった旋律は「聖アントニーのコラール」と呼ばれる古くからの「伝承歌」であることが判明しています。

後年、この曲の正式な名称はブラームスが命名した「ハイドン変奏曲」から単に「変奏曲」となり、現在、たいがいの楽譜は[VARIATIONS]の題名で出版され、副題として「HAYDNの主題に基く」 さらに括弧付きで(聖アントニーのコラールを主題とした変奏曲集)と記されるのが一般的です。

ブラームス35歳(イメージは19歳時)の作品、初演は1873年、ウィーン・フィルを本人が指揮し大成功をおさめました。
(よく知られているBRAHMSの蓄髯姿はGALERIE PINK MOZARTに掲載)
なお、ブラームス自身の編曲による4手2台ピアノ版(op.56b)も演奏会用のプログラムとして、ひろく好まれています。

|

« BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. VARIATION-I. | Main | SATIE:III_VALSE du CHOCOLAT aux AMANDES. MENUS PROPOS ENFANTINS. »

音楽」カテゴリの記事

BRAHMS.Johannes,」カテゴリの記事

Comments

ドルチェ兼任委員長殿

こちらこそ御訪問感謝の至りでございます。
肖像画だろうが写真だろうがBRAHMSの場合は著作権はさすがに消滅していますから、どれでもよかったのですがサイズの関係で上の写真になりました。ドルチェ先生のお気に召したらよろしいのですが。
(ページを開く度に『わー誰やネン こいつ!』と、いまだになじめません)

「古典交響曲」を引っぱりだして「さぁ仕上を」と思いきや、この夏の猛暑ですっかりいたんでおり、いま、仕込み(打ち込み)からやり直しております。原曲の管弦楽法を打破しようと例の「超特急で大がかりな悪ダクミ」の最中ですから今週は(来週もかも)またサティ氏登板です。

わたくし、くれぐれも不思議に思っているのですが=現代までに女流作曲家は「乙女の祈り」(誰だ?)とCécile CHAMINADEしか作品を残していないのはなぜか?についての御高見をお持ちでしたら折にふれ「ピアノぶらぼー!」で御披露ねがえませんか?

Posted by: PINK MOZART. | Thursday, 20 September 2007 21:03

お出かけしたりしてまして、遅ればせながら参上です。
若かりしヨハネスくんの肖像画、どか~んと登場しましたね。
せっかくのチャンスなので、ハイドン変奏曲の頃の40歳ブラームスは、ひげもなく、まだまだ美しかった!!と声を大にして叫ばせて~(笑)。
もじゃもじゃ超肥大化してしまうのは、もっと後だもんっ。
私には難しくてよくわからないので、載せて問題なさそうな写真とか見つけた際には、ぜひまたよろしくお願いします。ひげなしブラームス推奨委員会より!?
ところで、次は、なんとプロコ様なの?
(*^^)v うっほ~い!!
お蔵入り期間を経て熟成された一品、楽しみにしておりますね。
プロコフリークにとっちゃ、びみょーな古典Symですが(ヘンテコ度が低いゆえ?)、PINK MOZARTさんの力で、俺様プロコ様を有名にしてやってください。プロコフィエフ推奨委員会より。

Posted by: ドルチェ@ピアノぶらぼー! | Thursday, 20 September 2007 02:50

sumito96さん

こちらこそ、貴ブログ記事本文で「御紹介」までたまわり、恐縮しております。ありがとうございました。

むかしのシンセサイザは「オカリナ」のパッチも、ずいぶんチャチな音で、そこが素朴で佳かったのですが、いまのシンセサイザは凝りすぎていて閉口です。

EULENBURG社のスコアは守備範囲が広く、価格も比較的安いのですが、とにかくミスが多く、パート譜か他社のスコア(たとえばBREITKOPF=ブライトコッフ版)を持っている友人にレファレンスを取りまくらねばならない、という欠点があります。

その点、出版の際に「校正」が行われる現代の日本版スコアは、ミスが少なくて優秀ですよ~。

EULENBURGは比較的発音が楽な社名でカナで「オイレンブルグ」の表記が一般的です。

Posted by: PINK MOZART. | Saturday, 15 September 2007 00:16

PINK MOZARTさん、こんばんは。
(TBありがとうございます~)

普段オーケストラ版で聴いている時に感じたことはなかったのですが、↑の PINK MOZARTさんのハイドン変奏曲は “コラール”という感じが良く出ているような気がします。。 なんだか教会で賛美歌を聴いているような気分ですね~


それと曲とは関係ないんですが…「Eulenburg No.805」という文字を見てハッとしました。。 偶然にも昨日 「Eulenburg」と書いてある楽譜を買いましたので。。「Eulenburg」…カタカナだと、どうやって発音したらいいんでしょうか?(笑)

Posted by: sumito96 | Friday, 14 September 2007 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. THEME-CHORALE St.ANTONI.:

» 記念。 [かき消された歳月]
「LPレコードの日」は、ブラームス♪ 今日 3月20日は 「LPレコードの日」! …と、朝刊に書いてあったのですが、いつが 「記念日」であるかは 色々議論があるようです。 まぁ、せっかくですからレコードの整理くらいはしようと思っています! そんな 記念日...... [Read More]

Tracked on Friday, 14 September 2007 23:48

« BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. VARIATION-I. | Main | SATIE:III_VALSE du CHOCOLAT aux AMANDES. MENUS PROPOS ENFANTINS. »