« SATIE:II_BERCEUSE.. ENFANTILLAGES PITTORESQUES.. | Main | BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. FINALE.. »

SATIE:I_PETITE PRELUDE A LA JOURNEE. ENFANTILLAGES PITTORESQUES.

Satie_lunettes

エリック・サティ:「ある日の小前奏曲」
連作『絵に描いたような子供らしさ』(1913)より

「絵に描いたような子供らしさ」は子供好きであったサティ49歳(1913)の時に作曲された三連作児童作品集中の一つです。原題のPittoresqueを『こなれ』の悪い「絵に描いたような・・・」と訳すよりも「ピットレスクなガキんちょ」の方が、かえってわかりやすいかもしれません。
「レオン・ヴェルネイユ夫人へ」の献辞が記されています。
いつものよう「不思議な味わい」な作品群ですが、特徴として三連作とも「両手の指10本」をポジションの移動も指を交差することなく、しかも白鍵のみで演奏が可能です。
第一曲の「小前奏曲」は右手の親指をピアノ中央の、左親指をその隣のに置くと左小指はに右小指はに相対しますから、その範囲の音で作曲されています。
Kompf氏による、すばらしいMIDIファイルを使用いたしました。

 「prelude_epes.mp3」をダウンロード
   Modéré. [duration=0:45]
      SATIE:Œuvres pour piano.
      ONGAKU NO TOMO EDITION.
      transcrit par PINK MOZART(2007)
      d'après de MIDI par Kompf.

|

« SATIE:II_BERCEUSE.. ENFANTILLAGES PITTORESQUES.. | Main | BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. FINALE.. »

音楽」カテゴリの記事

SATIE.Erik,」カテゴリの記事

Comments

ドルチェ様

お察しのとおり、
以前は「在庫一掃」で場つなぎをしていたんですが、今や倉庫はガラガラ。サティが続くときは「大がかりな悪ダクミ」が進行中です。
それとnifty・YahooともPODCASTが10あるいは20ファイルで1ページになりますから、「次の列車は10輛編成」の場合はページ余白調整の意味もあります。

そういえば、「遠い昔の記憶」ながら「ド鍵盤」上で右手親指野郎と左手親指ネーちゃんが、しょっちゅうチチくりあって、どうにも具合悪かったのを思い出しました。 は~ たしかにユニークですな~。

Posted by: PINK MOZART. | Monday, 10 September 2007 22:39

サティ氏、続いておりますね。
後続電車の都合による、時間調整?(笑)
ガキんちょの最初の方のピアノ学習だと、こーゆーポジション固定の曲がお約束ですが、この曲のおき位置だと新鮮ね。
ミドルCタイプの教材だと、ドレミファソとドシラソファ同時進行学習のため、真ん中のドのとこに左右2本の親指を無理やり入れ込むはめになり、狭くてヤダ!と言い放ったガキがいたの思い出しました。

Posted by: ドルチェ | Monday, 10 September 2007 01:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SATIE:I_PETITE PRELUDE A LA JOURNEE. ENFANTILLAGES PITTORESQUES.:

« SATIE:II_BERCEUSE.. ENFANTILLAGES PITTORESQUES.. | Main | BRAHMS:HAYDN VARIATIONS. FINALE.. »