« PROKOFIEFF:HUMOROUS SCHERZO. | Main | TARREGA:LAGRIMA. »

SATIE:JE TE VEUX.

Sur_larc2

エリック・サティ 「ジュ・トゥ・ヴー」 (1900)

 

    Modéré.
      C-G-C-F-B-F-C-G-C.
      3/4. 282bars [duration=5:11]
      SATIE:Œuvres pour piano.
      ONGAKU NO TOMO EDITION.
      transcrit par PINK MOZART(2007)

【2010年10月10日追記】
2010年10月09日、再編曲したJe te veux2010を公開しました。

【2008年01月11日追記】
多くの御要望におこたえし、Je te veuxの女声版・男声版とも全文を
GALERIE PINK MOZARTに掲載いたしました。

1896年、エリック・サティは経済的に破綻した生活を立て直すために永年住み慣れたモンマルトル(イメージは凱旋門屋上から遠望したモンマルトルの丘、サクレクール寺院です)をはなれ家賃の安いパリの南に位置する郊外Arceuil(アルクイユ)に居を移します。Arceuilはパリ外郭環状道路から「太陽道路」と呼ばれる南仏に向かうA6にのると5分ほどの近郊です。(同地の担当行政機関ホーム・ページ内「当地にゆかりのある著名人=ジャン・ポール・ゴルチエの記載はありましたがエリック・サティの名はありませんでした)
      エリック・サティ参照記事@「ピアノぶらぼー!」

そこから毎日、パリを縦断し市内北方に位置するモンマルトルに通いキャバレーのピアノ弾きとして活躍し、また自らも多いに愉しんで「金の粉」「ピカデリー」などの「キャフェ・コンセール形式」の軽音楽を数多く作曲しました。

Darty_paulette  この有名な「ジュ・トゥ・ヴー」は1900年頃、Henry PACORY(オンリ・パコリ)の作詞、「スローワルツの女王」と謳われたPaulette DARTYの為に作曲されたものを、のちにサティ自身がピアノ独奏用に編曲したものです。
なお、ポーレット・ダルティの持ち歌としては、他にFascination:魅惑のワルツなどがあります。
         (イメージはマダム;ポーレット・ダルティ)

|
|

« PROKOFIEFF:HUMOROUS SCHERZO. | Main | TARREGA:LAGRIMA. »

SATIE.Erik,」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

hitohaさん

はじめまして

残念ながら私はMIXIには参加しておりませんが、
このサイトはリンクフリーですので
どうぞ御自由にご紹介くださいませ、

ご訪問ありがとうございました。

Posted by: PINK MOZART | Tuesday, 09 December 2008 at 21:08

長い間探していたこの歌の歌詞を
男性女性版一度に見られて、
感謝!感謝です。
mixi(ニックネームは詩生です)の日記にて、
こちらのサイトを紹介させて頂きたいと思います。
(ほぼ事後承諾のようになってしまいそうですが)
どうかお許しください。
(不都合がおありでしたら直ぐに訂正しますのでご連絡ください)

Posted by: hitoha | Tuesday, 09 December 2008 at 20:18

ドルチェさん

どういたしまして。
「ジュ・トゥ・ヴー 歌詞」の検索から
ここに来られる方が実に多く、
申し訳ないと、常々思っていました。
GALERIEのほうは全部html構文が必要なために
腰が重かったのですが、
良い機会をいただきまして、ありがとうございます。

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 12 January 2008 at 18:27

男心も・・・じゃなかった、男性版の歌詞も、教えていただけたらいいなーと思っていたので、とても嬉しいです。
ありがとうございます!!
私以外にも喜んでる方、たくさんいらっしゃることでしょう。感謝。

Posted by: ドルチェ | Saturday, 12 January 2008 at 09:36

ドルチェさん
ならきっとわかると、期待していたのですが…
そうですか、ご存じない。
コード進行から、それほど古い曲とも思えないのですが。

>まねっこで教えてもらって、楽譜では見たことないから知りましぇーん。

そも楽譜が存在するのでしょうかね?
ナゾは深まるばかり。
なんていう曲だろ?

Posted by: PINK MOZART | Thursday, 01 November 2007 at 18:52

いや~ん、教えてくれてありがとぉ(はぁと)。
女は永遠だと思ってて、男はその場限りの懇願だったらどうすんだろ、このひと? といぢわるなことをつい思ってしまう(汗)。
まぁ、女心はさ、こう思いたいものなのよね~。うん、うん。

で、次の連弾曲。 確かに子供の頃、学校で遊んで弾いてる子いましたねぇ。
まねっこで教えてもらって、楽譜では見たことないから知りましぇーん。
コード進行のお勉強みたいな曲だよね。

Posted by: ドルチェ | Tuesday, 30 October 2007 at 03:09

ドルチェさん

 ↓チョットだけよ~↓ 

  あんたの苦しみ あたしにもわかるわ
  愛しい恋人よ
  だから、あんたの懇願にカブトをぬぐわ
  どうかあたしを彼女にしてね

  思慮分別も向こうへおしやり
  悲しみなんかもはやない
  あたしはとっても憧れる
  二人で幸せなあのときを
  あんたが欲しいの

  あたしは少しも悔やまない
  望みはたった一つだけ
  あんたのそばで すぐそばのそこにいて
  ずっと生きること

  どうかあたしの心があんたの心に
  あんたの唇が私の唇となりますように
  あんたの身体があたしの身体に
  あたしの肉体のぜんぶが
  あんたの肉体となりますように

  あんたの苦しみ あたしにもわかるわ・・
  そう、あたしはあんたの眼の中に
  神聖な約束を読んでいる
  あんたの恋する心は
  あたしの愛撫を求めにくるから

  永遠にいだきあい 同じ炎に燃えたって
  愛の夢の中で交換しましょう
  あたしたち二人の魂を

  あんたの苦しみ あたしにもわかるわ・・

↑以上は女性版の歌詞です↑

定番といえば「ドレミ出版」だかの「一流レストラン・一流クラブで演奏するピアノ曲集」っていう楽譜集を見かけ、かなり笑いました。
これが「三流レストラン・三流クラブで…」ならぜったいに買ったのに。

それから、どうぞ"Je te veux"記事をお書きの際は直リンクで「ピアノぶらぼー!」から直接聴けるようにしてくださってもかまいません。

こんどはこちらからのお願い:

まず下をクリックして音を聴いてみてください。

「正体不明ピアノ連弾曲」を再生する (約30秒)

よく耳にしますよね? この曲、昨年映画「スーパーマン・リターンズ」で少年とギャングが連弾するシーンがあり、その後、知人からこの曲の出典、題名などを訊ねられました。
わたくしは「多分、ブルグミューラかなんかの初級エチュードで先生との連弾」とは思ったのですが、念のため何人ものピアノのセンセ~にあたってみました。答えは=「断じて教則本などに出ているわけではない、いうなれば『ねこふんじゃった』のような民間伝承曲」という一致した回答に驚きました。

ドルチェ先生、この曲の正体をご存じでしたら、ぜひ、教えてください。

Posted by: PINK MOZART | Monday, 29 October 2007 at 23:27

ラブラブでメリーゴーランドに乗ってるような幸せな気分になりました。
ついでに、おぉぉ、何気にうちの宣伝までしてもらってすみません。
最近はこれを使ったパルマアイスのCMも見かけないし、また新しいCMでおいしいのが出てきたら、この曲書きたいと思ってるんですよねー。
その際には、これを紹介させてくださいね。
飲み屋で演奏するにゃぁ定番中の定番なこの曲ですが、同じくクラブ仕様?ファシネーションも同じ歌手のために書かれた曲だったのですか。いいこと教わりました。
有名な曲で喜ぶし、片手で歌と伴奏弾き分けるような、ひじょーに良い勉強になるので、生徒ちゃんにもよく使うんだけど、「おまえがほしい」って題名になってると説明するのきっつぃんですわ。敵はおこちゃまなもんで。
「好きよん♪」って言っとくけど(笑)。
あ、でも、私としては、キワドイ歌詞をあからさまに訳したの、ぜひ知りたいです。
ねぇねぇ、教えて~。 いつかきっと、宿題だよん。

Posted by: ドルチェ | Monday, 29 October 2007 at 01:16

sumito96さん

すこしでもお楽しみいただけましたら幸いです。ありがとうございます!
あのYOU TUBE初音ミクのje te veuxはスキャット(ラ~ラ~ラ~)じゃなくて、いろいろとあるヴァージョンのなかでも一番Hな日本語訳詞で歌わせれば、かなりウケたんじゃないかな~?

そうなんですね~
Je te veuxはけっして「おまえが欲しい」わけじゃなく英語にも変換しきれないニュアンスがあります。
ここ2・3年間、適訳を考え続けているんでが難しいです。
「恋しい」あたりがいいんじゃないでしょうか?

じつは… ひそかに「ミクちゃん」を飼育して、とてつもない悪ダクミをやってみようかと考えみたのですが→彼女、いまのところ日本語オンリーらしいので、ウ~ン、残念!

あの、ところで「テルミン演奏公開」はまだですか? 首を長くして待っています。

Posted by: PINK MOZART | Sunday, 28 October 2007 at 00:52

私もホント素晴らしいと思います♪

さっきまでYouYubeで 「初音ミク」関連のファイルを漁っていたのですが、今は萌えボイスそっちのけで、このサティに聴き入ってます…!(笑)

「ジュ・トゥ・ヴー」という、素敵なフランス語にぴったりの美音。。(「おまえが欲しい」という直球な邦訳は、あまり好きではありません…)

ほんのり甘く、そしてゆったりと深く…虜になります。
なんとなく、週末に飲んだ電気ブランを思い出してしまいました。。

Posted by: sumito96 | Sunday, 28 October 2007 at 00:07

ねこぼーしさん

ありがとうございます。
恐懼にたえません。
DTMを製作していく何よりの励みとなります。

この曲、じつは3度目の挑戦です。原曲はピアノというのに不思議な楽譜で、ほとんど2オクターヴ内の非常に狭い音域内で作曲されています。しかもプラス1オクターヴ下方のベースが加わりますから、ピアノのうまい人がサラッと弾けばきれいに聞こえるんですが、1~127の数値ですべてを入力表現しなければならないコンピュータ・ミュージックにとっては鬼門、過去2回大失敗しました。

今回はなんとしても「軽い仕上がり」をこころがけ、フト、「そうか!ベースラインの重い分、高音に飾りを載せてバランスを取れば良いのだ」と閃き、レンジをほとんど6オクターヴにまで拡大してみました。

Je te veuxはもとがシャンソンですから、オリジナルの歌詞と、のちに生まれた男性版の歌詞が存在します。掲載しようかと思い多くの訳詞をさがしたのですが、フランス語の意味は訳せているものの日本語として「こなれた」決定訳が見いだせず、加えて原詩はなかなかにキワドク、いや、そのものズバリの詩ですから、こんなもの載せると興奮して勢いのついた「お馬さん」だか酒気を帯びた「ニャンコ」だかが大挙乱入して大暴れ!?の気配を察して諦めました、あしからず…

いつもかわらぬ、あたたかい応援に対し衷心より御礼申しあげます。

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 27 October 2007 at 20:37

は~。何度も繰り返し聴いています。
この素晴らしさを世に伝えねばと思い
「白いしっぽ」に記事をのせました。
説明文章が短いのは、作品が素晴らしいため
語るべき言葉が見つからなかったためです…。

Posted by: ねこぼーし | Saturday, 27 October 2007 at 13:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204560/16881265

Listed below are links to weblogs that reference SATIE:JE TE VEUX.:

« PROKOFIEFF:HUMOROUS SCHERZO. | Main | TARREGA:LAGRIMA. »