« JANACEK:SINFONIETTA.II_Allegretto. | Main | EMERSON LAKE & PALMER:KNIFE EDGE. »

JANACEK:SINFONIETTA.I_Allegretto.

Janacek

ヤナーチェク:シンフォニエッタ第1楽章「ファンファーレ」

 
  Allegretto.
    Des.84bars in notation,means113bars.
    [duration=2:16]
    based upon Kleine Partitur-286(日本楽譜出版社)
  transcrit par PINK MOZART(2007)

■全楽章の再生・D/L⇒GALERIE PINK MOZART

ARCHIVES PINK MOZART開設に際してSITE MARKINGになるようなハデで楽しい大曲として最初はZoltan KODALY(ゾルタン・コダーイ)の交響組曲「ハーリ・ヤーノシュ」を計画していました。ところがコダーイの没年1967年をつい失念し、いざ着手段階になり著作権が有効なのにあわて、当初はDTMでの表現は「とても無理」と諦めていたレオシュ・ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」がROLAND新音源の登場にともない、PINK MOZARTが標榜する[with Wits, a bit of Kitschy, but Gracefullywith Wits, a bit of Kitschy, but Gracefully](ユーモラスで、ちょっとキッチュ、でも極めて優雅に)なら表現が可能なことに気がつき本日の公開に、どうにかこぎつけました。

レオシュ・ヤナーチェクは1854年モラヴィア(現チェコ共和国)に生まれた国民楽派の作曲家。1926年チェコスロヴァキアで6年毎に開催される東欧の体育大会「ソコル」の開幕祝典のための作曲を依頼され、その前年の保養先で軍楽隊の野外コンサートでファンファーレを聴いて以来温めていた構想をヤナーチェクの活動拠点チェコスロヴァキアのBRNO市を活き活きと描く全5楽章からなる大作交響詩SINFONIETTAとして完成させました。

「シンフォニエッタ」は基本的には3管編成管弦楽なのですが、これに加えてオーケストラ最後列にC管トランペット9人、B管バス・トランペット2人、テナーチューバ2人がずらりと並び第1楽章はこの金管群とティンパニのみ(オーケストラはTACET)によるファンファーレが奏されます。このファンファーレ隊は第2~第4楽章は着席のまま沈黙を守りますがフィナーレ第五楽章の半ばを過ぎ楽興がいよいよ極に達しようとする頃合いを見計かると、やおら立ち上がり冒頭と同じファンファーレをオーケストラと共同で演奏し一大「予定調和」を完結させるという演奏効果と視覚効果が抜群に優れた名曲です。

■Leoš Janáček:SINFONIETTA 管弦楽楽器編成

4Flutes(1piccolo)  2Oboes. 1English-Horn.
1Sopranino-Clarinet in Es. 2Clarinets in B
1Bass-Clarinet in B. 2Bassoons.
4French-Horns in F. 3Trumpets in F.
3Trombones. 1Tuba.

9Trumpets in C. 2Tenor-Tubas. 2Bass-Trumpets in B.

1Harp. Timpani. Chimes. Cymbals. Strings【弦5部】

(イメージはBRNO市にあるヤナーチェク劇場です)

Janacek_theatre_2

|
|

« JANACEK:SINFONIETTA.II_Allegretto. | Main | EMERSON LAKE & PALMER:KNIFE EDGE. »

JANACEK.Leos,」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

ドルチェさん

やはり、すこしアクの強すぎる選曲かな?と反省しています。
My favoriteにおつきあいさせてしまい申し訳ありません。
この「ソコル」というのは体育協会というよりは、どうやら愛国的な政治結社のようです、ご興味がありましたら日本ヤナーチェク友の会会報:福田宏氏の抄文「シンフォニエッタへの軌跡」に詳述されています。

2~4楽章はTACETといえど「お行儀」よく座っていなくてはなりませんし、たまに楽器に息を吹き込んで保温していないと、5楽章ではピッチが合いませんから結構気を遣うんじゃないでしょうか。
たとえば「新世界」ではオーボー2番がイングリッシュ・ホーンに持ち替えなきゃなりませんから「ドえらく」ぶら下がった音程で「おっぱじめ」全員「ズルッ」とコケること「しばしば」です。

なぜか「皇帝」の2楽章で必ず居眠りを始める「笛」の奴がいました、3楽章のピアノのテーマが開始されるとパッと目を醒まし一回欠伸をして演奏に備える、なかなかの名人芸でした。

Posted by: PINK MOZART | Tuesday, 04 December 2007 at 17:01

おお、またどかーんと全楽章アップされましたね!
正直、民族くさい響きが苦手でして、滅多に聞かないんですが、PINK MOZARTバージョンで少しは好きになれるでしょうか?
原曲の方も、普段聞かないものを聞く良い機会になってます。
これは体育大会祝典音楽だったのですね。 なるほど、体力ありそな感じは好きです。体育会系、好きだし!?
第2~第4楽章の間、じーっと待ってるファンファーレ隊のみなさま、眠くなったりしないのかな? なんて、いらぬ心配してみたり。
演奏者側の観点で、オケの裏事情なんかのお話が出てくるのも、ここの解説の楽しみです。
未知の世界のお話は、とっても楽しい。

Posted by: ドルチェ | Monday, 03 December 2007 at 02:40

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204560/17234741

Listed below are links to weblogs that reference JANACEK:SINFONIETTA.I_Allegretto.:

« JANACEK:SINFONIETTA.II_Allegretto. | Main | EMERSON LAKE & PALMER:KNIFE EDGE. »