« SUITE ANGLOPHILE_MENUET. | Main | RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. »

SUITE ANGLOPHILE_RONDE ANGLAISE.

Basingstroke_canal

大英帝國ファン《part5》

【承前】ロンドンから鉄道とバスで3時間ほどはなれた自動車博物館を訪れたとき、おおまかなアクセスを電話で聞き出し、いきなり「初見」で臨んだ報いとして英国国鉄を降りたまでは順調でしたが、そのあとはツッカエヒッカエになりました。ぽつねんと田舎町のバス停で待っていると向かい側の歩道をディア・ハンティング帽(シャーロック・ホームズが愛用していたアレです)を被った、いかにも退役陸軍将校風の立派な紳士が歩いてきました。
遠方からワタクシの姿を視界に入れていたはず、にもかかわらず真向かいに達するや、やおら「お、これは!」という小芝居を打ち、直角に道路を横切り朗々たる正調英語で(あたりまえですが)「遠来の少年よ、いずこへ向かわれるか?」 帽子に手をかけての唐突な御下問であります。
「博物館まで」と答えると、道程を訊ねられ「それは、正しい選択ではあるが経由地点を変更すると早く着くやも」と助言をくださり「御安着を祈りますぞ」とニッコリ笑って去ってゆきました。
御親切に従い急遽変更した次の経由地からのバスは1時間に一本、折悪くも出たばかりでした。

ロンドンもパリも実はロシアのハバロフスクよりもっと北、サハリン(樺太)の真ん中あたりの高緯度帯に位置していますから一月のイングランドも午後3時、そろそろ暮れ始めました。
通りかかったタクシーを合図すると(日本と違って腕を水平に伸ばします)運転していたのはなかなかに上品な御婦人でした。
窓越しに目的地を告げると「ま~大変、すぐ戻ってくるからココで待ってて。いま定期契約している幼稚園児を迎えに行くところなの、いいこと?待っててよ、タクシーはこの町でこれ一台だからね」
20分ほどバス停で待っていると引き返してきて「さ、さ、急がなくちゃ」このあと博物館に着くまでの約半時間、気のいいミセス・モーガンは(いえナニ、「次に来るときはロンドンから電話で予約をしてね」と名刺をくれたのです)「のべつ幕なし」郷土の歴史、見るべきポイントなどをしゃべり続けました。

とっぷりと暮れた4時半に博物館に着くと入場券売り場の貴婦人風係員は一生懸命、お札の勘定しながら「あら、冬は4時に閉めちゃうの。どちらからいらしたの?」 ホテルのお気に入りバー・テンドレスには「パリから」と真っ赤なホントを言い続けたクセに、ここでは大仰に「極東の日本から」と真っ白なウソを告くと「お気の毒に、いいわ、私はあと30分ここにいるからその間に見ていらっしゃい」と入場料も受け取らず通用口から博物館に入れてくれました。そして子供の頃からあこがれていた国宝級のクラシックカーを警備員もいない展示館で独り占めにできたのはハンプシャー州BEAULIEUにある『国立自動車博物館』
でのおハナシです。

|

« SUITE ANGLOPHILE_MENUET. | Main | RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

ドルチェさん

あらマ、コメントのタイムスタンプからして校正前の文章を読まれたようです、穴があったら入りたい。
毎日3枚半ずつ6日間、それでファイル量は合計しても「野バラに」のMIDIファイルよりも小さいんですから音楽作るのに較べると楽なものです。
「梨の形」に則ったレポートとは?これはなかなかに難解ですが、良い先生にめぐり会われたようですね。

ほほう、これはまたエラク御殊勝なこってすな…

スイス、ローザンヌに住む10歳の少女からメールが届きヤリトリをしたのですが、フランス語はご存知のように日本語同様かそれ以上に相手によって構文・動詞変化が違います。その少女のメールは綴りをまちがえてる以外にも完全に「タメ」で書いてくるんでズッこけました。
おかしかったな~

ドルチェさんのお仕事場に突如として「かなえられた祈り」を所望するKYでヨボヨボの白髪老人が出没したら、それはPINK MOZARTだ!
「気をつけろ!」
そんときは「お年寄り」には敬意を表し「タメ口」だけはやめませふ。

こちらこそお世話になりました。
来年もよろしくお願いしますじゃ。

Posted by: PINK MOZART | Monday, 31 December 2007 15:02

お正月仕様の背景、色っぽいですね。
それに、年末特別企画なのかな、お話シリーズもすごいですね。読みでがありました。
組曲として題名がすすんでいくあたり、いかしてます。
PINK MOZARTさんの、こーゆーお洒落な遊び心、好きだなぁ。
学生時代にサティさんのレポートを書く宿題があったので、「梨の形」にのっとって書いた過去があります。そんなアホーないたずらに目くじら立てず、良い評価をくれた先生も好きだったっけ。
今年は大変お世話になりました。
おそらく、PINK MOZART先生は大先輩で、面と向かったら恐れ多くてお話できないと思うのですが、そこはネットの良いところ。図々しくもお友達世代の感覚でお話させていただけるのを、勝手に喜んでいます。
バカ娘?ですが、来年もよろしくお願いいたします。
よいお正月をお迎えください。

Posted by: ドルチェ | Monday, 31 December 2007 04:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SUITE ANGLOPHILE_RONDE ANGLAISE.:

« SUITE ANGLOPHILE_MENUET. | Main | RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. »