« RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. | Main | PROKOFIEFF:ENTERREMENT de KIJE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. »

MacDOWELL:from UNCLE REMUS.

New_hampshire

エドワード・マクダウェル:「アンクル・リーマス」(1896)

 
   With much humor,joyously,
      G.(original=in F)
      2/4. 145bars(original=64bars)
      [duration=3:02]
      based upon provided Standart MIDI file;
      by Courtesy of Mme,SHALON.
      transcrit par PINK MOZART(2008)

少年期の特徴であった「ワクワク感」を表現した音楽には「郷愁感情に国境はないものだ」と、いつもフシギなほどの共感をおぼえてしまいます。
(MacDOWELLが幼時毎年夏を過ごしたNEW HAMPSHIRE州の風景です)

「アンクル・リーマス」は先に公開した「野バラに」とおなじくMacDOWELL作曲2手ピアノ小曲集「森のスケッチ」Woodlamd Sketches.op.51に収められた一曲です。
UNCLE REMUSとはアトランタのジャーナリストJoël Chandler HARRISが想像上のキャラクターの黒人奴隷「リーマスおじさん」が子供達に語って聞かせる口伝全35話動物寓話をまとめて1881年から7巻にわたって発行した童話集です。どのストーリーも非常に教訓的でイソップやフォンテーネの寓話に相通づるものがあり当時の深南部黒人訛りで綴られています。
(こんな言葉を書き連ねて『P.C.じゃないのか?』とヒヤヒヤしています)

「アンクル・リーマス」は全米で大ベストセラーとなり、現在までに少なくとも3本の映画題材に起用され、なかでも1946年にWalt DISNEYによって製作された人物実写とアニメーション合成映画"Song of the South"は特に有名です。
ディズニーランドのスプラッシュマウンテンはこの映画アニメ部分の3つの動物寓話「ウサギどん 家出の巻」「タール人形の巻」「笑いの国の巻」に基づいたアトラクションです。
"Song of the South"は邦題「南部の唄」として昭和26年に公開、現在本国では全米黒人地位向上協会の圧力により公開は禁止されていますが日本ではDVDが販売されています。

なお今回のmp3ファイル製作にあたり、楽友「しゃろん」さんにStandard MIDI fileの提供・使用をお願いし快諾を得ました。
ここに深い謝意を表します。
ロジーナ・しゃろんのMIDI音楽室

|
|

« RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. | Main | PROKOFIEFF:ENTERREMENT de KIJE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. »

MacDowell.Edward,」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

ドルチェ先生

は~い、「お勘定!」あとはおまかせしま~す。
じつはヤヤっこしいストーリや例の「シーダーノフ批判」にも触れなくてはならぬか?と気が重かったのですが頼もしい「騎兵隊」の到着を待って記事の方は「その場凌ぎ」の「カシゴマ」で切り抜けました。
存分に「剛筆を奮って」くださいね、
どうか、よろしくおねがいしま~す。

>諸事情により、ちと訪問遅れてしまうの…

って、もしかすると「お輿入れ」・・・かな?

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 26 January 2008 at 01:27

この曲はじめて聴きました。
先にPINK MOZART版を聴いてしまうと、ピアノの原曲聴いた時にがっかりしそうで怖いです(笑)。
例のブツの調整具合はいかがでしょうか?
諸事情により、ちと訪問遅れてしまうのですが、楽しみに聴きにきますね。
また、便乗記事をやらせてもらえたらありがたいなぁと思っています。
2月の宿題に与えてくださいませ。

Posted by: ドルチェ@ピアノぶらぼー! | Friday, 25 January 2008 at 05:17

しゃろんさん

こちらこそSMF御提供ありがとうございました。

ここに演奏会のプログラムが残っているんですが…
それによると97年に木管6重奏で「森のスケッチ」から4曲を抜粋して演奏していますから「ネタ本」も探せば我が家のどこかはあるはずなのですが、なにしろ蔵書楽譜が多いので「探すより人さまの物を借りた方が早い」状態です。いや、ほんとうに助かりました。

FILL UPにしても1分台前半ですと近頃は顰蹙を買うので…
なんとか「3分台」にもってゆかなくてはならない・・
こういう場合"I got rhythm"などの単純な曲でしたら「手を替え品を替え」シツコクbisれば(わたくしはこれを「崇高なるミュージック・コンクリート作業」と名付けておりますがMusic Trackの連中に謂わせりゃ"LOOP"ってことになるんでしょう)よいので簡単ですが、この曲は小曲の割には構造が異常なまでに「こんがらがって」いた為、結局原曲長"4"に対して残り6割のオスティナートを「デッチ上げ」てしまいました。
お気に召して幸いです。

次のFILL UP楽曲用にCécil CHAMINADEのSMFあたりに"ひそか"に狙いをさだめておりますので、その際は「どうかよろしくお願いします!」

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 19 January 2008 at 00:47

PINK MOZARTさん、こんばんは、
このたびはどうもありがとうございました。
あのPIANO MIDIがこんなに素晴らしい曲に変身して感激しています。ますます楽しい曲になりました。初めに聴かせていただいたとき、ディズニーの事が思い出されたのですが、やっぱり子供の頃その映画を見てたのかなと思いました。詳しい解説も有り難うございます。
今夜はリーマスおじさんが、優しいPINK MOZARTさんと一緒に夢に出てきてくれそうです。
お(^o^) や(^O^) す(^^) みぃ(^-^)なさい。
ありがとうございました。

Posted by: しゃろん | Friday, 18 January 2008 at 21:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204560/17741153

Listed below are links to weblogs that reference MacDOWELL:from UNCLE REMUS.:

» disney [disney]
Disney Information [Read More]

Tracked on Saturday, 19 January 2008 at 09:30

« RAVEL:MENUET du Tombeau de Couperin. | Main | PROKOFIEFF:ENTERREMENT de KIJE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. »