« PROKOFIEFF:ROMANCE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. | Main | PINK MOZART GOES ON. »

PROKOFIEFF:NAISSANCE de KIJE. de SUITE LIEUTENANT KIJE.

Lieutenant_kije

プロコフィエフ:交響組曲「キージェ中尉」op.60(1934)
より「キージェ中尉の誕生」

 
   Andante assai-Doppio movimento.
      D-B-C-B-D. 4/42. 97bars [duration=4:24]
      BOOSEY & HAWKES.HPS663
      transcrit par PINK MOZART(2008)

■全楽章の再生・D/L⇒GALERIE PINK MOZART

セルゲイ・プロコフィエフが長期にわたるアメリカ一時亡命より帰国し1933年レンフィルム(レニングラード映画)製作劇場映画
"Поручик Киже"「同志キージェ」のために作曲した映画音楽から5曲を抜粋し翌年管弦楽演奏会用に再編したものが交響組曲「キージェ中尉」です。

原作は Yury Tynyanov (1894-1943)ユーリ・ティニャーノフの小説で映画脚本もティニャーノフ本人により書き下ろされました。残念ながらポスターが残るのみでフィルムは現存しません。
この交響組曲に関してわれらの偉大なる同志"ドルチェ"が綿密な解説記事を近々電網上梓される御予定ですから、委細はそちらに譲ることとして「キージェ中尉」のシノプシスだけを御紹介しますと:

ストーリーはニコライ王朝を徹底的に皮肉った風刺劇で、ある日女官のけたたましい叫び声によって昼寝を妨げられた「ツアー(ロシア皇帝)」が怒り「近衛の責任者はだれだ?」と侍従を難詰します、すると「アワワ…アワワ…」とうろたえて上奏する「本日の近衛士官は・・・です」の「・・・です」にあたる"Киже"
[Kizhe]
を担当近衛士官名と勘違いし「そのキージェとやらをシベリアにすっ飛ばせ!」の御下命。おそれをなした「とりまき達」は存在しない「キージェ」を実在の士官のようにデッチ上げ「シベリア送致完了」を虚偽報告して「事なき」を得ます。
後日ツアーはノイローゼに罹り「キージェ中尉」が実は「怠惰な士官」などではなく、女官に悲鳴を上げさせて自分の暗殺を阻止した立派な「忠義者」であった、と思いこみ急遽シベリアから帰還させ御寵愛の女官を下賜する・・・・・スラップスティック仕立てのニコライ王朝風刺小説が原作となった映画でした。

交響組曲版の演奏には2管編成管弦楽+ハープ・ピアノ(6小節だけチェレスタが必要ですが『無い場合』はシロホンかピアノでオクターブ高くして演奏せよの指示)大太鼓・小太鼓・シンバル・タンバリンと鈴(打楽器奏者3人必要)、そしてバリトン独唱あるいはテナー・サクソフォーンが必要です。

|
|

« PROKOFIEFF:ROMANCE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. | Main | PINK MOZART GOES ON. »

PROKOFIEFF.Serge,」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

ドルチェさん

もともとピアニストの御機嫌をとるのが
イヤではじめたComputer Musicですから
昨日まではアウトソーシングなど考えても
みませんでしたが、ドルチェさんなら関心が
あるかな?と思いついたまでです。
残念です。

そうですね、いまは進歩したとはいえ
基本的に「気持ち悪い」もんでしょうねエレピ。
でもいったんMIDIにしてしまえば、いくらでもタッチ
の修正は可能ですし、もちろん「お三味」にでも
なんにでも化けさせることは可能です、が、
それ以上にべーゼン・インペリアルやスタインウェイにでも
「変幻自在」になるところがおもしろいんですよ。

いま、また思いつきましたflair
このGW中、元シーデーのなかから「キレイドコロ」をえらび
「拉致監禁」して、この入力を強制しちゃおうか・・ 
わハハハ…

Posted by: PINK MOZART | Friday, 25 April 2008 at 22:20

トラバの件、お騒がせいたしました。
ここのところ、送れたり、送れなかったり、わけわかんない状態でして。
トラバごときでヒーヒーしてる私には、パソコンつないでどうのこうの難しい話は、原始人レベルでちんぷんかんぷんな高度文明の世界。一生お役に立ちませんわ~(笑)。
電子ピアノって、そんな使いみちがあるのですね。(持ってませーん)
いろいろ細工すれば、巨大な手の超絶ピアニストにもなれるわけか。むふふ。
それよりも、自分は鍵盤弾いたはずなのに、三味線になったり、尺八になったり、むふふふふ。(おふざけ方面にだけ興味を示してるしょーもない人より)

ところで、アコースティックのピアノ弾きは、電子ピアノ触るの嫌がりません?
この企画、周りのピアニスト達に断られ続けてきたのでは?などと思ってます(笑)。
電子ピアノ弾かされた店あったけど、たぶん楽器がボロかったのもあって、苦痛以外のなにものでもなく。あの気持ち悪い感触、耐え難いものが・・・
Pコンを料理するのは興味ないかと思ってたので、ちと意外でした。
あのぉ、選曲だけ参加しましょうかぁ?(笑)
人はそれをリクエストという?

Posted by: ドルチェ | Friday, 25 April 2008 at 03:35

ドルチェさん

どいたしまして、こちらこそお礼もうしあげます。
さっそく、こちらも本文中でそちらの記事とリンクいたしました。
「なすべきいかなる要求もない」完璧な記事です。(Semple)
ありがとうございました。

でね~ 今日思いついたのですが:
こういうブログ間コラボもありがたいですよ、
ほんとうに感謝しています、
ですが~ドルチェさん、いっそわたくしと
一度「合体」してみません?

ここで作っている音楽はキーボードから入力し、
一音一音、音の強さ、発音時間、テンポを数値で入力しますが
そうでない方法でも作れるんですよ、
クラヴィノーバのような電子ピアノはお持ちじゃありませんか?
それとPCをMIDIケープルとインターフェースで接続し
安価なソフトさえ買えば、ドルチェさんが弾いた演奏情報を
PCが記録しそれをスタンダードMIDIファイルというものに
書き換えてくれます、ので、そのファイルをメールに添付して
送ってもらえれば、わたくしがそのドルチェさんのピアノ・ソロに
「華麗なる」「おふざけなし」のオーケストラ伴奏をつける、
というプロセス。

じつはPf' Concertoもやってみたいのだけれどピアノ・ソロ
パートを入力するのが面倒くさくてたじろいでいるんですよ。
ドルチェさんがピアノ・パートやってくれれば助かるな~

選曲はそちらの「いいなり」になりますぜ(しばらくの間は)

どうです? 興味ありませんか~

Posted by: PINK MOZART | Wednesday, 23 April 2008 at 22:59

ようやく関連記事をアップしましたので、トラバ送信&ご報告にあがりました。
ほんとは、耳が治ってからが良かったんだけど、長患いが特徴の病ゆえ、きりがなく・・・
本日、勝手にプロコ祭り♪
PINK MOZARTさんの ぶらぼー!な「キージェ」を、プロコ様への おたおめプレゼントにしてしまおう企画にしてみました。
お気に入りの曲で騒ぐチャンスをいただいたこと、心から感謝しています。
ありがとう、ありがとう。プロコ様のぶんも ありがとう。
本当に、キージェの公開は、嬉しかったです。こちらの解説、ほんとにおもしろくて、ためになったし。
作品の紹介の仕方で、ご希望、問題点などありましたら、遠慮なくおっしゃってくださいませ。

Posted by: ドルチェ | Wednesday, 23 April 2008 at 10:41

sumito96さん

ROLANDの音源も進歩してはいるんですが、ダブルリード系はまだまだ「いまいち」なんですね。
やはり楽器の構造が簡単なほど再現性はいいようです。とはいってもキレイなオーボーの音が得られたとしても、あそこは、やはりハーモニカを使うと思います。

>「トロイカ」にラストまで付いていけたときは軽く…いや、かなり感動致しました・・

パチパチパチ…、なんでも「慣れ」ですよ、ちょっちゅうスコアを読んでいれば、そのうちRAVEL:G-durのConcertoでも追随出来るようになります。単に慣れの問題ですから、がんばりましょう!

でも、このスコアは初心者にはあまりおすすめできないな~
現在ではテノール・サクソフォーン(バリトン・バスSAXも)はト音記号で表記しますし、バスーンの高音域はこのスコアのようにト音記号ではなく、テノール譜表を用いますし、Bonesにアルト譜表は用いませんし、さらに実音表記(これはPROKOFIEFFが確信犯な故ですが)ではなく移調表記を用いることを頭のどこかに入れておいてくださいね。

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 02 February 2008 at 18:06

PINK MOZARTさん、こんにちは。

「ロマンス」のラスト、最高にハードボイルドでいいですね~
楽器ごとの味付けも…ハーモニカ風のオーボエなんかとっても素敵で!
愛しの「クープラン~」の「ムニュエ」ではどうだったかな?と聴きなおしているところです。

今回は “あ、そんなの関係ネェ” の歌詞読みたさに古楽譜屋さんで掘り出してきた、BOOSEY & HAWKESのポケットスコアと格闘しながら聴かせてもらってました。

いつも「トロイカ」のような速い曲では流れを見失いがちなんですけど、
PINK MOZARTさんのmp3だと楽器達の音がよく聴こえるからでしょうか? 流れが追いやすくて楽しかったです♪♪
高速三味線 「トロイカ」にラストまで付いていけたときは軽く…いや、かなり感動致しました(笑)

Posted by: sumito96 | Saturday, 02 February 2008 at 12:06

同志ドルチェ!

アラま、もしかしたら風邪からきた中耳炎ですか?
近頃は優秀なNSAIDがありますけれど、やはり痛いでしょうね、
くれぐれもお大事になさって、一日も早いご本復を祈ります。

わたくしの使うプロ用モニターヘッドフォンは再生域が5~40000hzまで
忠実に発生させやがりますから一日かぶって録音を繰り返していますと
夕方には頭がガンガン、ベッドに入っても「キーン」と耳鳴りがして尾を引きます。耳にはほんとうに悪いので安物のモニターヘッドフォンを買おうか?を真剣に考えています。
とくにバスドラの「ドーン・ドーン」は耳を確実に痛めますからお気をつけてください。

昔から聞き慣れた曲ではありますが
「古典交響曲」を調理したあとですから
PROKOFIEFFがどれほどの圧力を受け「キージェ中尉」
を引き受けたのかな~と お気の毒に思えてきました。
でもまあ、御自分ですぐに「交響組曲」に再編したあたり
けっこう楽しんで作曲したのかなと、すくわれるような気もします。

先日はJe te veuxを宣伝してくださったおかげさまで連日Je te veuxには連日千客万来状態です。ついにダウンロード数はそれまでダントツであった「アラベスク」を抜き去りました。
同志ドルチェ、スパシーボ!

ちょっとGoogleでSymphonie Classique
と入れて検索してみてください。
あるいはYahooでSerge PROKOFIEFF
もお試しあれ。
どうです! カッコいいでしょう。
「ピアノぶらぼー」様様であります。
Lieutenan KIJE:(いまんとこGoogleで4番目)
後はおまかせいたしましたぞ、
よろしくのお取り立てを御願い申しあげます。

CMが先?
もう「のだカン」はオシマイ?
よし、また「賭け」にいこっと。

Posted by: PINK MOZART | Monday, 28 January 2008 at 18:40

親愛なるPINK MOZART大先生、ありがとうございます。
爆笑できる仕掛けがわらわらしてて、サイコー!です。
プロコ様アウトオブ眼中の方々にいきなり、全部聴け!と言ってもなかなかアレでしょうけど、せめて「トロイカ」だけでも聴いてみて!と懇願すれば、他もきっと聴きたくなること間違いなし。とニヤニヤしています。やっぱ、ほんとは、誕生から葬式まで聴いてほしいですもの~。
解説もとっても楽しかったです。
おかげでポスター初めて見たし、PINK MOZART節の語りが うぷぷ♪で、風刺的なこのお話がさらに楽しくなりました。
私としては、演奏側、楽譜にも詳しい方ならではのお話が読めるっちゅーのが楽しみでして、今回もおなかいっぱい。鑑賞オンリーの評論の何倍もおもしろいのが、ここの最大の魅力デス。
おまけに、ねこぼーしさまのコメントでまで爆笑させていただけました。類友なのでしょうか、お友達同士のかけあい、ノリの素晴らしさったら、うらやましい限りです。

曲について詳しくは、PINK MOZARTせんせのところでどーぞ!!と、全面的に頼ってラクできるわね!などと悪魔の囁きが聞こえてきていますが(笑)。
私の方は、そんなに好きなの?しょーがねーなー、プロコフィエフとやら、聴いてやってみるか!と思ってもらえるように、ミーハーに騒ぎましょう。ピアノで弾いてみたいタイプの曲でもないですし。

ただいま耳の不調に苦しめられてるところなの(こんな大事な時に限ってトホホ、治ったらじっくり聴き直します)と、戦略として先にCM入れたいので、少し先になりますが、2月中にこれを担いでキージェ祭りをさせていただきます。
お世話になります。 心からの感謝と愛を込めて。(ちゅ☆)

Posted by: ドルチェ | Sunday, 27 January 2008 at 23:55

同志ねこぼーし!

久しぶりの「ねこぼーしタッチ」復活コメントで嬉しく読みました。

ずいぶんと本格的な夕食を調えられるのですね、
いや、感服いたしましたぞ。
「鰺の干物」「豚・ニンニク芽炒め」に御飯に「おみおつけ」
なんだか「定食屋さん」みたいで豪華です。

わたくし、実は「サンマの塩焼き」にメがないんです、でも、家で焼くと「ケムだらけ」になるわ後片付けもたいへんだし、なによりもその後数日間は西洋音楽とは無縁の「残り香」が漂うのが閉口なので、しかたなく「定食屋さん」に参ります。
おいしいですよね~ 専用グリルで焼いた「サンマ」食べ終わると必ず「もう一匹食べようか?」「そんな~ぁ みっともない」なんて欲望無間地獄の葛藤と闘わなくてはなら・・・
ま、そんなことはどうでもいいんですが…

ところで「定食屋」の、あの添えられてくる「大根おろし」の量がどうにもミミッちい、もっと盛大に付けてくれてもいいんぢやないか、といつも不満をかこっているんですが先日、相席男性客の「サンマ塩焼き」に目が釘付けになりました。
なんと! 大根おろしがほぼサンマの全長に匹敵するほど「こんもりと添えられている」ではありませんか、一体全体だふいふワケだ、こんな差別があってイイのだらふか? もしかして、この食堂の「オバちゃん」はこの男の愛人なのだろうか? 憤然と席を立ち断固抗議して「another大根おろし」を要求すべきか?などとまことに千々に心は乱れに乱れました。

しかもですよ、よく見るとその大量の大根おろしには「シラス干し」まで添えられているではありませんか!
と、ここに観察眼が至りバカでもなけりゃ余り賢くもないワタクシは冷静さを取り戻し国際情勢の掌握を取り戻すことが出来ました。
なんのことはない、この男は「サンマの塩焼き」とは別に冷蔵ケースにあるサイドオーダ品である「シラスおろし105円」を購い、その小鉢の中身を「サンマ塩焼き」の皿にブチ撒けたのでした。
「フン、な~んだ、さふいふコトか」「なんてイジきたない男だ、こいつは」「添えられてくる大根おろしでガマン出来ぬとはホトホト見下げた口欲の徒よのう」と圧倒的な優越感と憐憫の情を持って相客の食事風景を眺めておりました。

あラ、いつの間にやらサンマのお話を… あ、そうか「交響組曲キージェ中尉」ね。

エヘン、第4楽章「トロイカ」の歌詞ですが、わたくしはキリル文字が読めるわけではございません、管弦楽総譜とは便利なものでロシア語・英語・仏語と独語の4カ国語の歌詞が書かれているのです。内容はまったくあのとおりです。
第3楽章で「お三味」をちょこっと掻き鳴らすかどうか、ヴァイオリンのマルカートでいくか?を悩みに悩んだのですが結局「減感作」を狙い「トロイカ」でのショックを和らげる効果を期待しました。それともイキナリ第4楽章で「ズッコケ」させた方がよかったかな?

音楽「世界の旅」も漸く次回からフランスに戻ることになります。
けっこう長い廻り道になりました。
「楽譜」が世界共通の書法に従っていて、どこの国の作曲家が書いた曲だろうと同じ言語、同じ音符が用いられていることに、これほど感動の念を憶えたありません。もし、これが各国独自の表記方で書かれていたら
それはモ~「エライこっちゃ」になります。
五線譜表記法は偉大です、これを編み出した先人達の叡智に感謝しています。(お隣の大国だけは違う表記法を使っているらしいです)

それにしてもドえらく高級なお味噌をお使いですね~
わたくしの買うお味噌なんて500gで・・・・・・ 

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 26 January 2008 at 16:58

あはは!解説面白い~。クックッって笑いながら拝見しました。
トロイカの詩がギリギリでいいねえ~。
なるほど、架空の人物「「キージェ中尉」の
ゆりかごから墓場までの人生が交響組曲となっているのですか。
想像ですがPINK MOZARTさんがこの作品を制作するにあたって
重くならずできるだけ軽快に、でも上品にと
されたのではないかしら。
私は料理をする時によくPINK MOZARTさんの曲を聴くのですが
この交響曲はなかなか料理に向いていていいですね。
 
キージェ中尉の誕生では今日もまたごはんをいただけることを
感謝しながら、ひたすら野菜を刻み
ロマンスをほほえましく思いながら味噌汁のための出汁をひき
(しかし結構鬱屈そして紆余曲折のありそうなロマンスですね)、
結婚を祝福しながら鯵の一夜干しをていねいに焼き、
トロイカではニンニクの芽と豚肉の中華炒めをつくりましたが
鍋を振る手がとても軽快なリズムにのって楽しかったです。
葬儀の折には、ああこれは誕生のときのメロディだ…と
遠い目でキージェ中尉のご冥福を祈りながら
信州無添加手作り味噌(4キロ樽入り14,700円)を溶き入れました。
 
ところで結婚を祝いに三味線の方がいらしていますね。
雪のなかトロイカはアクセル全開で、三味線の人はこのトロイカ内でも
やはり三味線を弾きながらのご帰還なのですね。
このへん、あー、PINK MOZARTさんだナァと感心しつつ
大笑いしちゃいましたよ。

Posted by: ねこぼーし | Saturday, 26 January 2008 at 09:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204560/17836630

Listed below are links to weblogs that reference PROKOFIEFF:NAISSANCE de KIJE. de SUITE LIEUTENANT KIJE.:

» 「キージェ中尉」 プロコフィエフおたおめ記念 [ピアノぶらぼー! もっと身近にクラシック]
4月23日は、プロコフィエフのお誕生日。#63719; 本日は、プロコ様 おたおめスペシャル企画として、組曲「キージェ中尉」 をご紹介いたします。 ドカンと5曲まるまる 無料で試聴&ダウンロードできる おいしい情報付き。 もってけドロボー!? 交響組曲「キージェ中..... [Read More]

Tracked on Thursday, 24 April 2008 at 02:22

« PROKOFIEFF:ROMANCE. de SUITE LIEUTENANT KIJE. | Main | PINK MOZART GOES ON. »