« PIERNE:PRELUDE DE CONCERT sur un THEME de PURCELL. op.53, | Main | FAURE:V_TENDRESSE. DOLLY. op.56, »

FAURE:VI_LE PAS ESPAGNOL. DOLLY. op.56,

ガブリエル・フォーレ:「スペインの踊り」組曲ドーリーより
op.56, (1886/1887)

 「espagnol.mp3」をダウンロード
  Allegro.
  F. 3/8. 165(221)bars.[duration=2:43]
  Zen-on piano library.
  transcrit par PINK MOZART MMVI-MMVIII

全楽章まとめての再生・D/LはGALERIE PINK MOZART

わたくしの祖父は井の頭線のことを最期まで「帝都線」と呼んでいました。昔はそう呼ばれていたんですね、これは当初の計画「井の頭線」の起点は渋谷ではなく原宿と「井の頭恩賜公園」を結ぶ予定でした。現在は東京駅に変更になりましたが、この原宿駅は昭和のかなり後期まで天皇陛下が御行幸あそばれる時には御召列車の出発駅でしたから"帝"を入れたのでしょう。
ところで京王線・井の頭線と小田急線が交叉線を作り相互に乗り入れたらどんなに便利だろうと思った人はいませんか? 
わたくしもフシギに思っていましたが、これは絶対に不可能なのを去年初めて知りました。なぜならば井の頭線はJRと同じ「狭軌鉄道」小田急線は「標準軌鉄道」そして京王線はその中間にあたる「鉄道馬車軌道」で三路線ともにレールの幅が違うのです。日本は規格という点になると「てんでバラバラ」 一国内で交流電気のサイクルさえ違う「世にもまれ」な国です、それにつけても次世代DVDが早い時期にブルーレイに決着しておめでたいことでした。 と、ここまでが今日のお話の枕。

19世紀半ばから後半にヨーロッパ鉄道網が完成すると多くの人々がスペインを訪れレコンキスタ以前のイスラム文化に触れ、その異国情緒の虜になりました。作曲家達も一斉にスペインを題材に取り上げ一大ブームが巻き起こったといっても過言ではありません。
これもその時代の作品です、LE PAS ESPAGNOLを直訳すると「スペイン(踊り)のステップ」の意味です。
この曲も原曲は幼児の指の力を考えて「アッ」というまに終わってしまう短い曲ですから念入りにLOOPでつなげています。

そのスペインの「鉄道」に話は戻るのですが、このスペインだけはヨーロッパ大陸で唯一レール幅が違う「広軌鉄道」を採用したために現在では国境で列車を乗り換えるか、徐々にレール幅を狭めて(あるいは拡げて)ゆく区間を徐行して通過し油圧により車軸幅を調節する特殊な車両でないと相互に乗り入れることはできない、というたいへん不便なことになってしまいました。
なぜか? 19世紀にはまだ隣国フランスの侵略を恐れ、あえて大陸標準とはちがう線路幅の鉄道網を建設したからです。

|

« PIERNE:PRELUDE DE CONCERT sur un THEME de PURCELL. op.53, | Main | FAURE:V_TENDRESSE. DOLLY. op.56, »

音楽」カテゴリの記事

FAURE.Gabriel,」カテゴリの記事

Comments

しゃろんさん

ありがとうございます。
VSCで作ったSMFがありますからパッチ変更と
音量バランスさえ変更すればいいはずなのに、
久しぶりに聴いてみるとやっぱりTempoや
Velocityも変更したくなりますよね!?

それで、けっこう手間がかかり、たぶん週2曲の
ペースでしょう、どうか毎週おつきあいください。

大恩人しゃろん様のHPは常に拝見していますが、
「あ、きれいな『お花』の写真を捧げないと
いけないんだ」と遠慮気味になります。
歩いて行けるところに有名な「藤」の名所が
あるので満開になったらお届けいたしますね、
もうすぐです。

Posted by: PINK MOZART | Saturday, 26 April 2008 00:26

こんばんは、時々覗いて聞かせていただいてるのですが、聴き過ごしでごめんなさい。こちらで聴かせていただくと、なんとも優雅な時間になります。
とても嬉しいです。今夜は大好きなドリーがアップされてるんですもの。
この「スペインの踊り」も大好きです。今度連弾する時は、ピンクモーツアルトさんの演奏をお手本に練習しますね。
去年の夏、井の頭公園に○十年ぶりに行きました。と言うか、三鷹の駅から、ジブリの森まで歩いたのです。そして3月には、神代植物園にも行きました。やっぱりとても広かったです。

来週も楽しみにしていますね。

Posted by: しゃろん | Friday, 25 April 2008 22:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FAURE:VI_LE PAS ESPAGNOL. DOLLY. op.56,:

« PIERNE:PRELUDE DE CONCERT sur un THEME de PURCELL. op.53, | Main | FAURE:V_TENDRESSE. DOLLY. op.56, »