« DAMASE:SONATE EN CONCERT | Main | YAMAHA QY70 »

YAMAHA CBX-T3

Montmartre_1

SATIE:LE PICCADILLY

 「piccadilly80kbps.mp3」をダウンロード
 高音質192kbps版D/Lはこちらからどうぞ

え~ みなさま、まことにご無沙汰を致しております(舌
本日はAPMとしては珍しく製作裏話をご披露…

**************************************************************

先日、リサイクル店「HARD OFF」にて変わったものを見つけました・・・・・

音響機器ジャンクの棚に最初は形状からT/Aかと思いましたがYAMAHAが
T/Aを作るわけがないし、ためすがえす手にとって調べてみると
前面の16個縦に並んだLEDはMIDI信号受信のインディケータに違いなく、
モード切替にGM-L1、DISK-ORCH、C/Mがあります。
このDISK-ORCHこそ謎ですがGM-L1はGM LEVEL ONEの事でしょうし
背面にMIDI端子が3つ備わっているからには「これは音源モデュールに違いない」と
判断し,、1500円という価格と返品交換不可の条件から「たぶん音は出ないだろう…」
割り切って購入しました。

な~に たかが1500円、音が出なければ分解して愉しめば…いいし(笑

Cbxt30

後日、インターネットで調べてみますとこれはYAMAHA CBX-T3という
最初期(XG規格誕生以前)の音源モデュールでした 。
製造年の表記はありませんが、ほぼ20年前の製品のようです、
YAMAHA独自のAMW(PCM)音源で内蔵メモリは16MB、
16CHマルチ、 28音同時発音で当時のうたい文句によれば・・・
「余裕の高音質DTMトーンジェネレータ」(ヒュ~ヒュ~

マニュアルもYAMAHAのサイトからダウンロードができました。
頭の中で苦労して回線図を描き(もちろんUSB端子などはついていません)
結線し、シーケンサで鳴らしてみますと・・・なんと完動! 感動です!!

まさに「おお、COMPUTER MUSIC黎明期の音だ」
「鄙びた」というか「チャッちい」はたまた「素朴」とも
言って言えなくはない音を上げてみましたので笑ってください。

|

« DAMASE:SONATE EN CONCERT | Main | YAMAHA QY70 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

SATIE.Erik,」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference YAMAHA CBX-T3:

« DAMASE:SONATE EN CONCERT | Main | YAMAHA QY70 »