5 posts categorized "DVORAK.Antonin,"

DVORAK:SERENADE in E. I_MODERATO.

Dvorak 本日のプログラムはアントニン・ドヴォルザーク作曲「弦楽セレナーデ:ホ長調」 CDでは先に公開したチャイコフスキー「弦セレ」と必ずカップリングされる2大名曲です。ドヴォルザークは現在のチェコ共和国の首都プラハ近郊の「お肉屋さん」の家に生まれ、肉屋の徒弟として修行する傍らに通っていたオルガン教師に才能を見いだされました。
どちらかというと端正な容貌が多い作曲家の中では名だたる「ブ男」として、逸話も多いのですが、それ以上に「ポッポ好き」=汽車ポッポと鳩ポッポが大好きなことで有名でした。後半生でアメリカに招聘され大喝采を浴びるのですが、渡米承諾の最大の理由は「新大陸の鉄道」に興味津々であった故、とされています。
この弦楽セレナーデはチャイコフスキーの「弦セレ」の作曲される5年前の1875年に、わずか10日間ほどで作曲されました。

もし、彼のことを調べようとしてインターネットを検索される場合に「ドヴォルザーク」と入れる場合は問題がないのですが、DVORAKと入力された際は出てくる項目はもう一人のDVORAK=August DVORAKの記述の方が多いはずです。
このアメリカ人オーガスト・ドヴォラック博士は今、あなたがお使いのコンピュータに接続されている標準的なキーボードのQWERTY配列より、効率よく入力するために母音を左手に集めたDVORAK Lay outの開発者として、また片手で入力するためのキーボードや「左利き」用のキーボード配列の開発に尽力した人物として現代ではボヘミアの作曲家より遙かに有名ですから「遇愚留」「夜風」では[ANTONIN]と添えるのをお忘れなく。
なお、余談ですが、現在でもDVORAK配列にはコントロールパネルで変更することによりWINDOWSあるいはMac OS-Xにおいても対応が可能です。

 
  Moderate.
  E-G-E. 4/4. 85bars.
  [duration=4:32]
  Edition Eulenburg.No'896. London,
  transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

DVORAK:SERENADE in E. II_TEMPO di VALSE.

 
    Tempo di Valse.
    fis(cis)-Des-fis(cis)  3/4. 203+2bars.
    [duration=5:56]
    transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

DVORAK:SERENADE in E. III_SCHERZO Vivace.

 
    Scherzo, Vivace.
    F-A-F. 2/4.  323bars.
    [duration=5:33]
    transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

DVORAK:SERENADE in E. IV_LARGHETTO.

 
     Larghetto.
     A. 2/4. 101bars.
     [duration=4:44]
     transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

DVORAK:SERENADE in E. V_FINALE,Allegro vivace.

雑誌「MUSIC ECHO 1972年5月号」に高名な音楽評論家、武川寛海氏、この方はたまたま「ゴダイゴ」リーダーの父君でもあられますが 「ドボルザークと機関車」という抄文で『DVORAKは幼いときから蒸気機関車に大変魅入られ「自分にこんな大発明ができたらこれまでに作曲した交響曲全部と取り替えても良いのだが・・・」がしかし、これほど愛した機関車を主題にした曲は実は一曲も書いていないのである。』と述べられていますが、わたくしは、この弦楽セレナーデ第5楽章は非常に良くできた「蒸気機関車力走の情景音楽」それも、あたかも空想上の超弩級ガラード機関車の描写としか思えません。汽笛は言うにおよばず、動輪の呻き、制動機の軋み、吐き出される水蒸気、鈍重な加減速まで精密に再現した音楽であると確信しています。

 
    Finale, Allegro vivace-Moderate-Presto.
    cis(fis)-E. 2/4. 392bars.
    [duration=6:05]
    transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|