19 posts categorized "EMERSON LAKE & PALMER"

Egypt


Egypt_274_311_2

ProjeKt9版の"Fanfare for the Common man"
エジプトで再生されているようなので感激しました。
感謝いたします。
カイロは暑いんだろうな~ と調べてみると…
い~や、本日は日本の方がよほど気温は高いので驚きました。

久しぶりにテンプレートを「夏色」に換えてみました
みなさま、暑中お見舞い申し上げます。
来週末にはこの猛暑もすこし・・・少しだけ衰えるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

THE YEAR OF TARKUS 2011


First One Year of Our "TARKUS 2011"on Youtube.
Total 17,715 Views,from 102 countries.
the average 49 Views per day.
male=86.4% female=13.6%

over 100 Viewer's Countries were;
Japan=9,099
U.S.A.=2,409
Italy=934
Germany=747
U.K.=657
Canada=531
France=276
Argentina=266
Mexico=229
Spain=178
Netherlands=168
Poland=131
Hungary=117
Russia=112
Chile=103
Switzerland=102

Thank You for All!

[ProjeKt9]
PINK MOZART.Take59.TAKAO.

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ELP:HOEDOWN 2012

Tp_elp_hoedown2012_1

ELPヴァージョンに基づいたHOEDOWN 2012
Muisc Trackにて公開しました。(無料です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

FANFARE FOR THE COMMON MAN

第二次世界大戦中の1942年 合衆国オハイオ州シンシナティ交響楽団の
主任指揮者であった Eugène GOOSENS(後年にSirの称号を賜りました)は
当時著名であった アメリカ人作曲家18人に対し1942/1943シーズンでの
シンシナティ交響楽団定期演奏会プログラム用として
「愛国心を鼓舞するファンファーレ」の作曲を依頼し 18人のうち10人が依頼に応じ、
名だたる10人の作曲家全員が金管楽器と打楽器のみのファンファーレを作曲しました。
その中の一曲がAaron COPLANDの有名な ”FANFARE for the common man"
ホルン4本、トランペットとトロンボーン各3本とテューバ1本、 バスドラム(大太鼓)と
ティンパニ、それとタムタムの14人編成で書かれた 全曲で約3分半の
「市民ファンファーレ」です。(ちなみにTam-tam=銅鑼(ドラ)のことです)

作曲者アーロン・コープランドは作曲モチーフを次のように述べています:  
「前線で英雄的な戦闘を繰り広げている兵士達に捧げるのではなく
  勝者となるべく合衆国内で勤労により分かち合い
   戦線を懸命に支える一般市民を讃えるファンファーレである」

ELP版しか聴いたことが無い人が初めて原曲に接して一番驚かれるのが
アーティキレーションの相違だと思います、
原曲のファンファーレは ELPのアタックが効いたスタッカートではなく
究極の「フル・レガート」にて 描かれていますので金管奏者達は
音を滑らかに繫いで奏するのに「腐心」します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ProjeKt9's Page on Facebook

522634_333212080076762_282103625187

ProjeKt 9のFacebook PageのCover Artです、
CG Created by Takao MOHRI


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

TARKUS:MANTICORE Piano Sketch

TARKUS 2011でオーケストレーションが最も「楽」であったシークエンスです、
Youtube映像では[08分53秒]からが「マンティコア」のシーンになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Piano Sketch:KARN EVIL 9,1st'Impression.


「ピアノスケッチシリーズ第2弾、今回はKarn Evil 9「第一印象」です。
ごく一部、ほんの極々一部の方に「全曲が聴きたい」と
おっしゃっていただくのですが、全曲やると「厭きます」保証します(笑
それに、これ…「いいとこ取り」だけして編集するって
けっこ~タイヘンなんです(笑) そして完成版がこの映像です。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Piano Sketch:KARN EVIL 9.2nd' & 3rd' Impressions

ELP:KARN EVIL9 第2・3印象の「2台ピアノ用」ピアノスケッチ」です:
実際はオーケストレーションのために「ピアノスケッチを起こす」
などと悠長なことはせず、いきなりスコアを書きはじめるので
これは「オーケストラ版」をピアノにReductionしたものです。 ...
(じつはこのピアノ版もワリと評判が佳いです)
そのため「2台ピアノ」は少なくとも必要なのは明白ですが
4手ですむのか8手が必須なのかは、よくわかりません(笑
そのうちに楽譜化して実際に演奏會で弾いてもらう予定です。
(その際はギャラを抑えるためにも2台4手にしなくては)(爆
ProjeKt9版第3印象は最後の段階になり急遽Timpaniが加わったため
ここではTimpaniは「合いの手」として残しています。
完成したシンフォニック・オーケストラン版がこちらです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ELP:ABADDON'S BOLERO 2012

2010年秋に公開したABADDON'S BOLEROをRE-TAKE/MIX/MASTERINGした最新版です、

ABADDONとはなにか?くわしくはこちらの記事をご参照下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ELP:TARKUS 2011 Youtube

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|