4 posts categorized "TCHAIKOVSKY.P,I,"

TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. I_PEZZO in FORMA di SONATINA.

Tchaikovsky

チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」
第1楽章:ソナチネ形式の小品

大作曲家として名高いチャイコフスキー。しかし現在、彼の作品で演奏される管弦樂曲は驚くほど少なく、交響曲4・5・6番、ピアノとヴァイオリンの協奏曲、序曲「1812年」「ロメオとジュリエット」 組曲「白鳥の湖」「胡桃割り人形」「ロココ(チェロと管弦樂の為の)」そして、この「弦楽セレナーデ」ほとんどこれですべてです。
音楽学者はチャイコフスキーが生涯苦しんだ精神疾患により彼の作品には破綻が多く、結果として演奏される曲が少なく、しかも有名な第6交響曲「悲愴」も欠点が多いと、しばしば指摘します。

さまざまな文献によりますと、この「弦楽セレナーデ」が作曲された1880年は彼の生涯において、もっとも精神状態が良かった年とされています。その影響かどうかはわかりませんが、この曲には破綻や瑕疵のない、堂々たる「泰西名曲」です。

セレナーデの直訳は「夜曲」 恋人の窓の下で歌う恋歌という意味と、器楽の合奏曲、特定の人への賛歌、あるいは祝典曲の意味も持ち合わせますが、ひろく演奏会用の作品名としても用いられます。原曲は弦五部(第一・第二ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)の合奏曲。チャイコフスキーは書簡のなかで「この弦楽セレナーデの第1楽章はモーツァルトに対する私からの賛歌です」と述べたものが現存しています。

【追記5月23日】 ねこぼーしさんが「弦楽セレナーデ」に想を得て創作された詩GALERIE PINK MOZARTに掲載しました。

 Andante non troppo.-Allegro moderato.
 C-G-C. 6/8
  287bars. [duration 8:39] OGT122

  transcrit par PINK MOZART(2007) 

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. II_WALZER.

チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」
第2楽章:ワルツ

  Moderato.Tempo di Valse.
   G. 3/4.
   223bars. [duration 3:48] OGT122

   transcrit par PINK MOZART(2007)

   

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. III_ELEGIE.

チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」
第3楽章:エレジー



【第37~38・第145小節のミスを修正しました(5月18日)】
【第28小節のミスを修正しました(6月14日)】
 Larghetto elegiaco.
  D. 3/4
  162bars. [duration 9:20] OGT122

  transcrit par PINK MOZART(2007)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

TCHAIKOVSKY:SERENADE in C. IV_FINALE.Tema Russo.

チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」
第4楽章:ロシア風の主題による終曲


【第241小節のミスを修正しました(5月23日)】

 Andante-Allegro con spirito.
  G-C-Es-C. 2/4.
  449bars. [duration 7:32] OGT122

  transcrit par PINK MOZART(2007)

.

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|